Monday, September 9, 2013

東京都庁にて

Tokyo Metropolitan Government Office( 東京都庁)

2020年のオリンピック開催都市に東京が選ばれた。実は、個人的にはそれを聞いた時、まさか、と思った。東京は大丈夫なんて言ってるけど、こんな地震国で、火山だっていつ噴火するかも解らず、原発の汚染水問題も、マイナス要因の方が多いんじゃないかと考えていたし、さらには被災して避難してる人の住居、仮設にせよそうでないにせよ、はるかに箱物より先に着手すべきものがあるだろうとも思っているし、2024年だっていいじゃないかとすら・・・しかし世界は東京を選んだのだ。逆に言えば、世界がずっと目を光らせて見守るなか、7年後に日本の底力を見せてみろと与えられた大きな課題。期待、応援、批判眼、複雑な気持ちを持ちつつ、きっとこれから日々めまぐるしく変わって行くであろう東京を、スケッチで記録して行こうと思う。

オリンピック開催都市として選ばれ、歓喜に沸いた日の翌日の東京都庁の様子。ひとけもまばらな月曜日の昼。横断幕が一枚吊るされただけの様子を、それでも記念にと写真に収める人たち。

After the announcement was made that Tokyo has been chosen to host 2020 Olympic Games, enthusiastic people gathered and made a formation that read “Thank you” at Metropolitan Government Office on September 8. The very next day, I visited there, not many people were visiting, no formation, but I saw some calm attitudes by the visitors to record this very special news by just taking photos of a banner displayed in front of the hall. “Celebration. The city that will host the Olympic and the Paralympics in 2020 was chosen. Thank you for your supports.”
skift.com/2013/09/09/winning-the-olympic-bid-is-integral-...

No comments:

Post a Comment